×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








GB250-E フロントを改築しよう その3

2008/5 連休2日目



ですね。

天気予報をみると関東地方だけ雨が降ってる
他の地域は晴天


嫌がらせとしか思えない

雨でもやっちゃうぜヾ(*'-'*)ノシ







アクスルシャフトです。
上がP型用(新品)
下がE型用(今まで付いてたやつ)
取り付けのネジ部分や厚みがある部分が違いますね。
P型のほうが短いですが後でカラーが入ります。

新品が光り輝いてる






駐輪場の中まで雨が吹き込んできた!!!!

熱が出てきた!!!(ぇ

負けません!!!!






昨日仕上げたキャリパー君
サポートとの接続部分もグリスアップしてます。








メーターギア比較
左:P型
右:E型

色しか違わないのは気のせいだろうか

今回はキャリパーの色にあわせてP型のを使います。
そっちのほうが状態もよいし





ここもグリスを塗ります。
このグリスを全て使い切るのは何年後だろう・・・







仮止めしていたホイールを外します。
この作業はだいぶ慣れてきましたよヾ(*'-'*)ノシ






装着

雨まみれ

止むって言ってたのに。・゚・(ノД`)・゚・。

後はマスターシリンダーとの接続ですね
まずはぶら下げてた旧キャリパーからホースを抜きます。



また使うことはあるのだろうか?
この初期型キャリパーが好きって人も結構多いようです。






接続

そしていつもお世話になってる金魚用エアチューブをつけて
いよいよエア抜きへ(`・ω・´)

エアチューブが付いてるところのボルトを閉じた状態で
ブレーキを数回握ります。ボルト開くとエアーの混じった
フルードが出てくるのでマスターシリンダー内のフルードが無くならない様に
何回も繰り返します。





P型の中古は事故か何かで削れてたので
マスターシリンダーはそのままE型のを使います。




マスターシリンダーのダイヤフラム。これも変えたほうがいいのかも
ネジがさびまくってる(´・ω・`)

そうこうやっている間にエア抜き終了・・


あれ?

あっという間だった。

そういえばE型キャリパーから抜いたあとすぐP型キャリパーにつけたから
ホース内にエアーがあまり入らなかったようだ。
普段だと30分ぐらいしゅこしゅこやってるのに(*´・ω・)(・ω・`*)ネー






蓋を閉めておわり。









今までで一番長かった

手間も掛かったが足回りがしっかりした気がします。
個人的にはこの形が好きなのです。


やっぱり自己満足なんでしょうねw



友達の家まで試走がてらお散歩

パットがなじんだ後は結構がっつり効いてくれます。
E型と比べて飛躍的にとは言いませんがちゃんとブレーキしてくれてます

何よりE型のディスクローターはもう新品で出てないみたいなので
今後も安心かな?

そしてこれを書いている現在 


熱 37.5度


あ がっ て き た www


*HOME*